Service事業内容

Service事業内容

就労継続支援B型定員14名

  • 施設外就労

    • 馬飼育と清掃等
    • 軽作業
    馬は人間の言葉は話せません。当たり前。でも、いつも何か訴えています。
    「お腹空いた。外に出たい。走りたい。ブラッシングして。お部屋きれいにして。」 お部屋の掃除を頑張りましょう。
  • 事業所内軽作業

    • 紙袋の組み立て
    • 小物づくり・販売
    作業に慣れよう
    まずは下請け作業の紙袋の組み立てをします。この作業で手先の器用さや作業への集中力や意欲など軽作業面でのアセスメントを行います。
    自主製品をおしゃれに作って、おしゃれに売ります。手先に自信がある方にお勧めの作業です。個別のペースに合わせて作業を進めます。手先を使う作業が多いです。ウェブサイトでの販売を行ってもらいます。
  • 就労移行等

    • 地域の企業の方たちのお話を聞くなど
    • 就労移行相談と移行支援
    どんな仕事ができるだろう。どんな働き方ができるだろう。どんな支援があれば働けるだろう。
    自分に合った仕事について一緒に考え、具体的な方法を見つけていきます。
    関係機関と一緒にハローワークへ行ったり、企業へ行ったり、実習もお願い行きます。

工賃について

施設外就労 400円/時間
事業所内作業 200円/時間
※就労移行等は工賃は発生しません。

自立訓練・生活訓練定員6名

  • 日常生活プログラム

    • 金銭管理支援
    • 調 理
    • 掃除等
    • グループミーティング等
    お金を使いすぎたり、貯金ができなかったり、お金の管理は難しいですよね。
    掃除が苦手な人は普通に多いです。でも、きれいな部屋がいいはずですが・・など日常生活に必要な習慣など学びます。
    家計簿をつけて無駄遣いを確認します。そして、貯金ができたり生活に余裕ができたり。
    自分でできる掃除や料理は自分で、難しい事はどうすればいいのか一緒に考えます。
    仲間と一緒に考え、意見を聞き、自分の意見も言う。コミュニケーションの練習も兼ねてミーテングなど行います。
  • 地域参加活動

    • 買い物支援
    • 余暇活動
    事業所内で学んだ事や仲間と話し合った事を確かめるために、地域の中で実践してみましょう。
    買い物時はどうするのか。最近の映画館の利用の仕方。地域の方との交流など。
  • 個別活動

    • 創作活動等
    • 馬とのふれあい体験など

    ※その他相談に応じて対応します

    創作活動など、自分の得意な事を地域に参加する手段にできないか考えます。
    馬との触れ合いを体験することができます。

利用料について

市町村民税非課税世帯 0円
その他 実費
※障害者総合支援法に基づいています。

相談支援サービス(計画相談)

~相談支援事業所 Be myself福間の思いと関わり~

障がいがあっても、自分らしく地域で暮らす

障がいがあることでの生活のしづらさや不安に向き合い、思いに寄り添います。
生活・住む場所・仕事・お金・医療・将来の生活などなど多くの課題について一緒に考え、その方らしい生き方を見つけるお手伝いをします。

●計画相談(児・者)
福祉のサービス利用のための計画を立てたり、定期的にご意向を確認します。生活全般についてお聴きしながら、利用できる制度などもご紹介します。

●一般相談(地域移行、地域定着、居住支援事業所連携) 福津市・宗像市(離島除く)
退院や施設退所後の生活について、ご本人の意向を中心にお手伝いします。住む場所や仕事を一緒に探したり、新しい生活が安定するようにお手伝いします。

退院、退所後の住まいや住み替え等を余儀なくされた方については、安心して生活できるように専門の法人と連携して支援させてもらいます。
連携する法人はこちら

〇利用料(障害者総合支援法に基づく)
市町村民税非課税世帯  0円
その他 実費
※市町村民税課税世帯の場合は負担金が発生します。
※ご利用には契約が必要です

障害基礎年金の申請、受給者証の申請など必要な公的な手続きのお手伝いをします。
その他、ご相談いただけば可能な支援の調整やお手伝いをします。
※相談支援の契約を頂いた方に限ります。

Flow流れ

  • 初回相談

    個人情報保護法に基づいて個人情報の取り扱いについて説明し、相談内容の確認を行います。
    計画相談のご希望があれば契約し基本相談を始めます。
  • 基本相談開始

    基本的にはご自宅等に訪問し面談させていただきます。
    詳細な聞き取りを行います。ご本人の承諾を頂いて他の関係機関からも情報を頂くこともあります。

    アセスメントの作成

    聞きした情報を基にアセスメント表を作成しニーズを整理し必要なサービスやご希望のサービス、サービス提供事業所を決めます。
  • サービス等利用計画の作成

    決めたサービスと提供事業所の利用調整を行い、サービス等利用計画の作成を行います。その後、サインを頂いて支給決定の窓口へ提出します。
    サービス担当者会議をご本人、ご家族、各関係機関と行います。
  • サービス利用開始

    サービス等利用計画に沿ってサービス利用を開始します。
  • モニタリング

    利用状況などご本人ご家族、提供事業所などから聞き取り、必要に応じて調整を行います。